シミの予防には化粧水が大事

シミの予防として必要不可欠なのが化粧水ですね。保湿効果より、使用感の良さで使う人も多いかと思います。化粧水はその殆どが水でできているため、保湿効果はあまり期待できません。化粧水位の水分が潤いになるというイメージが有るようですが、基本的に、保湿力が低下した肌に化粧水をつけても、すぐに蒸発してしまいます。肌が潤いのために水そのものでhななく、セラミドなどの保湿成分を与えることが重要とされています。このような基本的なことをどれだけ意識しているかが重要。
ただし、化粧水の使用感に慣れて手放せないという人もいるはず。そういう人は化粧水を使うものでいいのですが、あまり強く叩き込むと、逆効果になり、シミの予防ではなく、シミが悪化する虞があるため注意。

保湿とは肌に必要な水分ではなくセラミドなので、ここらへんもしっかりと理解しておきたいところ。
セラミドとは、肌麦皮の角質細胞の間に存在しており、これが減ってしまうと、水分が逃げやすく、乾燥してしまいます。肌の潤いを補うためには、水分よりもセラミドが大切ですので、肌が水を欲しがっているというよりも、どちらかと言うとセラミドが欲しがっているということになります。

このようなことを考えて行うことで、シミの予防にもつながるために、シッカリとしたケアを心がけて行うことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加