抗酸化作用の高い食べ物を選ぶこと

お肌の美容を考えてシミを薄くしてくれるレチンAを利用することは大切な選択肢だと思います。しかしながら、この選択肢だけではなく、他のことも考えておくことが重要です。では、何を考えておくことが重要なのか?それが抗酸化力を抑えることです。

美肌づくりのために、意識して食事に取り入れたいもの、それが抗酸化物質を含んだ食品になります。健康的な部分でも必要なことになりますが、お肌に足しても、勤しんで行っていくことで、きれいなお肌をケアできるはずです。

肌の宿敵の一つである活性酸素は細胞や組織をキヅつけ、シミやシワなどのエイジングの原因になってしまいます。この活性酸素に抵抗できるのが、抗酸化力です。人体にそわっている抗酸化力は寒冷とともに衰えていますが、食品や化粧品で抗酸化物質を取り入れることで補うこともできます。このような細かなことをどれだけ意識して行えるかで、シミやシワの予防につながります。

例えば、抗酸化物質の代表的なものとして、ビタミン類があります。中でもビタミンA、C、Eの3つが特に抗酸化力が高く、ビタミンACEと呼ばれています。

ビタミンAはレバーなどに含まれる他、ニンジンなどのβカロテンがたくさん含まれており、お肌にも効き目があります。

ビタミンCは、美白効果やコラーゲンの合成や助ける効果などでおなじみですが、抗酸化力も高く、老化全般を予防します。ストレス解消などにも期待が持てるためにおすすめ。

ビタミンEも、油生もアボカド、胚芽、カボチャなどに豊富に含まれています。

普段の食生活の中で、意識して取り入れることで、シミやシワの予防につながるために、率先して体内に吸収したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加